2013年10月31日木曜日

展示会ハシゴの巻!


同じ日に、展示会&作家さんのお話会を2件行ってきました☆
京都→大阪移動で疲れちゃいましたけど、楽しかった(o^∇^o)ノ


まずは、京都のおわんや巧さん「山本英明・隆博 二人展」へ!

こちらでは普段、うるし教室をさせていただいてるので、通いなれたものです(笑)
あ、ちなみに生徒さん募集中です\(o⌒∇⌒o)/


右の奥へずずっと・・入ると。


山本隆博さんと、お父さんの山本英明さんの作品が並べられていました。

長らくお二人で作業されてきたので、山本英明さんが亡くなられた後も2人で手がけてきた器がまだまだ沢山ストックされているそうです。

定番の汁椀に、立山椀、桧椀など、「塗師屋のたわごと」(角川書店 2002年)参照の逸品がズラリです☆

山本さんの汁椀は、昔はもっと小さかったそうですが、山本英明さんが「木がもったいない」と、できるだけ大きく木取しようとして、今のサイズまでだんだんと成長していったそうです。


お話会では、明漆会の沢口滋さんが監修された漆の道具のビデオを見ながら、山本隆博さんが道具や漆について、お客さんの質問に答え・・というか殆どマシンガンのように講演されていました(笑)

個人的には、山本英明さんの最期のお仕事(実験?)であった桧椀についていろいろと伺えたのがとても参考になりました(●´ω`●)v

あ、ちなみにこれも「塗師屋のたわごと」参照ですが、「紅茶盆」が在庫のみだそうです!!
全国の山本ファンの皆様、お急ぎください☆



で・・・、結構長居させていただきましたが、急いで大阪へ移動し、(`・ω・´)」

阿倍野の漆ギャラリー舎林さんで「戸枝恭子の漆展」の戸枝恭子さんお話会へ参加しました☆
まぁ、わりと、ギリギリで着きました・・(;´Д`A ```

戸枝恭子さん
戸枝さんは漆絵が魅力的な作家さんです。

私個人は、戸枝さんの緑色の色漆が大好きで、ひそかに「戸枝グリーン」と呼んでいます☆

で、これをゲット(≧ω≦)b


3年に一度、舎林さんで個展をされているのですが、その3年前には、「気にしていたけれど、買おうと決意して電話したら・・もう売り切れましたと、無情の連絡を受けた一品」です。

3年目にして、無事ゲットできました(笑)

そして、お話会へ。

戸枝さんが、うるし絵に傾倒していったきっかけ、その後の作品作りの仕方、細かい作業の仕方や裏技など、とっても興味深いお話でした。

漆の加飾というと、蒔絵ばかりを考えてしまいがちですが、漆絵の魅力というのを改めて教えていただいたひと時でした☆


スケッチから始まる図案の試行錯誤、そこから器に絵を入れる、塗りと一体化させる。

絵の仕事をしない私には想像しきれない部分が多いですが、一つの絵が器につくまでの思索の厚みが垣間見えた瞬間でした。